© mirai.ac.jp All Rights Reserved.

学科ブログ

BLOG

ドライバーを作ろう

更新日:2022.05.02

カサイですaries

自動車整備学科の1年生が毎年、一番最初にやる実習はhairsalon工作hairsalonです。

マイナスドライバーの製作を通して、金属加工の技能を学びますgood

 

まず、直径26ミリの鉄の丸棒を弓ノコで切断して柄の部分を作っていきます。

b220502.JPG

まっすぐ切るのは意外と難しいcoldsweats01

 

切断した丸棒を鉄鋼ヤスリで削って四角柱にしますsweat01

b220503.JPG

なかなかフィジカルな実習ですが、みんな黙々と作業していましたrun

 

ノギスで測定しながら1辺20ミリぴったしを狙って仕上げていきますeye

b220504.JPG

0.05ミリ単位で寸法精度を評価されますmemopencil

 

ボール盤を使って、ドライバーの軸が入る穴をあけますtyphoon

b220504b.JPG

3ミリのドリルで下穴をあけてから、5ミリの穴に拡張します。

 

あけた穴にタップを使ってネジ山を作っていきます。

b220505.JPG

b220506.JPG

 

失敗すると、タップが折れてしまいますng

b220506b.JPG

折れたタップを取り除くことはできないので、別の場所に穴をあけてやり直しですねcrying

 

その後は、柄の部分は自由に加工して好きな形にしてOKhappy01

b220506c.JPG

センスと発想力flairが問われます。

 

マイナスドライバーの部分は、太さ6ミリの丸棒を切り出し、熱してspa成形します。

b220509.JPG

カサイariesは、ガス溶接機で炎を出してサポートしますrun

 

赤く熱した鉄をハンマーで叩いてpunch、平べったくします。

b220508.JPG

マイナスドライバーをイメージしながら・・・heart02

 

形ができたら、熱した鉄を急激に冷やしsnowて「焼き入れ処理」をします。

b220507.JPG

ドライバー先端部を硬くするためです。

b220510.JPG

水だと錆びやすいので、オイルに漬けて急冷しますclear

 

その後、ベンチグラインダーで削って形を整えます。

b220511.JPG

道具の安全な使い方も勉強してもらわなくては。

b220511b.JPG

うーん、ちょっと微妙か?・・・coldsweats01

 

柄の部分と合体geminiするために、ダイスでネジ山を作ります。

b220512.JPG

水平を確認しながら慎重に削っていきますsweat02

 

最後に紙ヤスリとコンパウンドで表面をキレイに磨いてshine完成。

b220514a.jpg

b220514b.jpg

b220514c.jpg

b220514d.jpg

ドライバーでネジを回す際に柄が緩んでしまうのを防ぐため、ナットをはめて締め付けてwrenchあります。

 

今年もshine世界に一つだけのオリジナルな工具shineがたくさん生み出されました。

自動車整備をしていると、変形した部品を成形したり、ネジ山を立て直したりすることがよくあります。

そんな時、今回身につけた技能が必ず役に立ちますscissors

みんな、お疲れさん~japanesetea

 

ほじゃまたpaper


SHARE
© mirai.ac.jp All Rights Reserved.