© mirai.ac.jp All Rights Reserved.

学科ブログ

BLOG

ディファレンシャル実習!

更新日:2020.07.03

カサイですaries
今週は、1年生の実習の授業を担当しております。
 
実習のテーマは、「recycleディファレンシャルrecycle」通称デフ。
クルマが曲がるとき、外側のタイヤが内側のタイヤより多く回転します。
その回転差があっても左右のタイヤに平等に駆動力を伝えてくれる装置です。
コレによってクルマはスムーズに曲がりながら加速することができるんです!
すごいですねー。考えた人。
 
今回の実習では、車体からディファレンシャルを取り外します。
しかし、1年生は実車を使った実習は初めてなので、まずはリフトでクルマを持ち上げる作業から学びましたnew
b20200707.jpg
 
b20200706.jpg
整備士はコレができないと仕事になりませんsweat02
基本中の基本の作業ですが、きちんとリフトに固定されていなければ最悪の場合、車両が落下して大事故impactになります。
安全作業をしっかり身に付けておかなくてはなりませんdanger
 
ディファレンシャルオイルを抜き取って、
邪魔になる、マフラー・スタビライザー・プロペラシャフト・ドライブシャフトなどを取り外し、
最後にディファレンシャルを慎重に取り外しますheart02
b20200701.jpg
 
b20200702.jpg
 
b20200703.jpg
 
ケースを空けてみると、中には複雑に噛み合ったギヤが…eyesign03
学科の授業で教科書を見て勉強してあるので、実物を見て「あー、そういうことねcatface。」と、なってくれたでしょうか。
 
点検や調整の方法を確認し、またディファレンシャルを車体に戻しましたwrench
ディファレンシャルは、作動がちょっと難しいwaveですが、学習を進めていくうちに必ず理解できますgood
b20200704.jpg
↑こちらは昨年、長野ダイハツ販売㈱様から寄贈presentしていただいた新品のデフshine
構造が見やすいし、アルミ製だから軽くて助かりますspa
調整作業の勉強に活用させていただきました(感謝)。
 
今回の実習もみんな良く頑張りましたーok
 

SHARE
© mirai.ac.jp All Rights Reserved.