学科ログ

BLOG

UDトラックスの研修会に参加しました!

更新日:2019.08.21

7月29~30日に、埼玉県の上尾にあるUDトラックス本社で行われた「専門学校の先生のための技術講習会」に参加してきました。

当日は関東甲信越で梅雨明けrainsunが発表され、上尾の駅を降りると松本とは違ううだるような暑さspa
東北、関東、北陸、中部の専門学校の先生たちとともに、送迎バスでUDトラックス本社にあるトレーニングセンターに向かいます。
20190729-30_ud01.jpg

《1日目》
1日目はトレーニングセンターで、3つのグループに分かれての技術講習会です。
ヤスが所属するグループCは、
第1ステージ コモンレール&ユニットインジェクター(エンジン)
第2ステージ エアサスペンション(シャシ:サスペンション)
第3ステージ エアブレーキ(シャシ:ブレーキ)
の順で、講習を受けます。
どれも大型車特有の機構なので、とても楽しみhappy02

【第1ステージ】
まずはエンジン、コモンレールとユニットインジェクター。
GH7(7,000㎤)とGH11(10,000㎤)で学びます。
GH7はコモンレール方式、GH11はユニットインジェクター。
ただし、現在GH11はコモンレールとユニットインジェクターを合わせたような機構になっているそう。
20190729-30_ud02.jpg

これが取り外したGH11のユニットインジェクター。
カムシャフトで押し下げられて、最大2,500気圧まで燃料を加圧して噴射します。
実車での取り外しは要注意wobbly
燃料の圧力で指など平気で貫通してしまうそうです。
20190729-30_ud03.jpg

【第2ステージ】
エアサスステージです。
唯一実車(最新)を使った講習で、テンションupupup
20190729-30_ud04.jpg

構成部品や取付位置、制御方法などを一通り学んでいきます。
フェリーに載せるときのモードなど、乗用車にはないものもあり目からウロコ。
20190729-30_ud05.jpg

診断機による故障診断も学びました。
現在は無線通信で診断機やPCとつないでいるようです。
なおかつ、運転席のメーターで簡単な診断(ダイアグノーシスの確認)はできてしまうそうeye
20190729-30_ud06.jpg

【第3ステージ】
エアブレーキのステージ。
こちらも構成部品や電子制御の方法などを学んでいきます。
下の画像はフルエアブレーキのウェッジ型。
20190729-30_ud15.jpg

というようなことを教わっていたら、実は今のUDのトラックはほとんどがディスクブレーキ。
先ほどエアサスで使った車両も前後ディスク。
20190729-30_ud08.jpg

おまけに今はすべてが電子制御で、教科書に載っている「ブレーキバルブ」も無いんだってeye
あんなに苦労して作動を覚えたのにpout

こちらは圧縮エアの水分を除去するためのドライヤ
中身の乾燥材だけ交換できるなんて知りませんでしたcoldsweats01
20190729-30_ud07.jpg

 

1日目の講習は以上で終了。
まだ半分なのに、大型車の機構に目からウロコで少々お疲れ様です。

このあとは、夜の浦和の街に消えていくのであります…

《2日目》
2日目の予定は、
1.トラック工場見学
2.大型トラック「クオン」試乗会
です。

会場は、UD本社工場と、UD本社の奥にあるUDエクスペリエンスセンター、そしてその周りのテストコースです。
20190729-30_ud14.jpg

ちなみに、組み立て工場内とテストコースは写真撮影camera禁止wobbly
てなわけで写真があまりありません。

文章では伝わらないと思いますが、組み立て工場内では上下逆さまにしてサスを取り付けからの180度反転するダイナミックな作業を見させてもらったり、(大型の免許は持っているのに)初めて運転する大型4軸にドキドキ楽しく勉強させていただきました。

 

エクスペリエンスセンター内は撮影OKということで、説明を受けながらパシャパシャ
ヤス的に気になったのがトランスミッションとミラーの代わりのカメラ。

こちらがそのトランスミッション「Escott」
20190729-30_ud10.jpg

現在大型トラックはほとんどがオートマチックトランスミッション。
ヤスが試乗させてもらったクオンもオートマで、(大きいことを除けば)運転のしやすさは乗用車並み。
ブレーキも従来のエアブレーキと比べると乗用車のようなマイルドな操作感。

で、すごいのがGPS内蔵で、いままで通った道路とこう配を記憶しているらしいのです。
なので、この先に上り坂があると判断するとエンジンと連動して減速しないようにしたり、下り坂があると判断すると燃費向上のためギヤを上げて燃料の排出を抑えるのだそう。
20190729-30_ud11.jpg

もう一つが、次世代のクオンに装着されたバックミラーの代わりのカメラ。
20190729-30_ud13.jpg

サイドミラーの部分にこんな感じで小さいスポイラーみたいに装着されています。
20190729-30_ud12.jpg

今後、ミラーにかかる空気抵抗を減らすため、ミラーをカメラとモニターで代替する方向だそうです。
フロントウインドウもモニターになるか聞いたところ、そう遠くない将来、そんな車が出てくるかもしれませんとのお答え。
ガン〇ムのような、全周囲モニターの車に乗れる日も近いかもねlovely

 

そんなわけで、UDトラックスの大型車について、たくさん知ることができた有意義な2日間となりました。
この知識を、しっかり学生たちに伝えていきたいなぁ。

ヤス


SHARE
© mirai.ac.jp All Rights Reserved.