学科ログ

BLOG

13日の金曜日

更新日:2012.07.12

早いもので2回目のブログ当番がやってきました.数学は得意ではありませんが,数字を扱うことは好きな荻無里(オギナサ)です.

数字を扱うゲームと言えば何を思い浮かべますか.子どもの頃はトランプや花札をしました.そして,私たちの世代だと麻雀ですね.それこそ時間の過ぎるにも忘れて打ち込みました.かれこれ20年近くになりますか,新聞の数独に応募していますが,いまだに「当選」の知らせはありません.先日,当選の確率を計算したところ,毎週応募でおよそ30年と出ました.もう少しなので,頑張ってみようかと思っています. 

 

B0201.jpg

さて,今回は数字にまつわるお話です.「13」について少し調べてみました.先日,教室で『13日の金曜日』という映画を知っている人を聞いてみましたが,反応がありませんでした.この映画はアメリカのホラー映画で1980年に第1作が公開され,夏になるとテレビでもよく放映されます.2004年までに11の続編が作られ,リメイク版が2009年に公開されたそうです.主人公は「ジェイソン」だったと思います.有名なので知っている人もいていいのですが・・・

13 を忌み数とする由来は,13日の金曜日がイエスの処刑された日だといわれるようにキリスト教にまつわる話によく登場します.いくつかの説があるようですが,とにかく西洋では忌み数として扱われています.と言って調べてみたら,日本でも忌避される忌み数であったとする説もあるそうです.

今日は「13日の金曜日」です.そして,今年のカレンダーをみると,1月,4月,7月と3回あります.えっー,3回もあるの?と思いますが,確かにそうです.ネットで今年のカレンダーを見ると,うるう年(2月29日)を忘れているものが結構あります. 

B0202.jpg

単純に考えると,金曜日は1/7ですから,1年(12か月)を掛ければ, 

B0203.jpg

なり,1年に2回弱が平均になります.という訳で今年は特別多い年です.これは2月が29日(閏年)であることが影響しています.閏年の計算は,西暦が4で割り切れる年は閏年,それ以外は平年.ただし、100で割り切れれば平年,ただし、40で割り切れれば閏年とします.これをExcelで処理すると 

B0204.jpg

となります.ということで400年を1単位としています.ではその400年間に含まれる13日の曜日の分布は,「日曜日 687回,月曜日 685回,火曜日 685回,水曜日 687回,木曜日 684回,金曜日 688回,土曜日 684回」になるそうです.なんと金曜日が1番多いのです.せっかくの金曜です.大いに楽しみましょう. 

 

 

 


SHARE
© mirai.ac.jp All Rights Reserved.