専門学校 未来ビジネスカレッジ

HOME >学科ブログ >100%合格!成績第2位!
学科ブログ

動物看護師学科ブログ

100%合格!成績第2位!

更新日:2018.04.24

2018年3月に受験した動物看護師統一認定試験で動物看護師学科の学生17名が全員合格しました!
クラス担任でもあり、試験対策授業の担当でもあった福澤先生にインタビューをおこないました。

180424AHT01.jpg

Q:全員の合格おめでとうございます。
2014年度から2017年度まで4年連続で合格率100%を達成しましたね。
福澤先生:ありがとうございます。全員の合格がわかった発表の瞬間は安堵の涙がでました。
3年連続で合格率が100%でしたのでこれを継続させなくてはというプレッシャーもありましたから。
「やった!」という感動しかありませんでした。

Q:今回の試験結果で特にすごいのは試験が120点満点のところ、当校の平均点が103.18点という結果ですが。
福澤先生:認定動物看護師養成校が74校あるなかで、当校は第2位という成績でした。
協会の資料が手元に届いてこの結果が分かった時は「わっ、学生すごい!よく頑張った!」と。
第2位は予想以上の出来栄えでした。

Q:いつ頃から試験対策を始めていますか?
福澤先生:2年次の後期(9月後半)からです。
といっても11月末までは愛玩動物飼養管理士1級の試験対策がありますから、
12月くらいから本腰を入れて取り組みました。

Q:2年次の3月(卒業式前後)の試験に向けてどのようにモチベーションを上げていくのでしょう?
福澤先生:学生にはこう伝えます。
「対策授業では先生は鬼になる!みんなに最後に泣いてほしくない。だから厳しくする。」
そして「絶対に合格させるから!」と学生と約束をします。
試験対策授業は試行錯誤しながらでした。まずは、休まず毎日登校すること。
そして、“受験するための頭”に持っていくことを意識させました。
そして「統一認定試験に受かった自分」や「動物病院で働く自分」をイメージさせます。
学生にとっては初めて受験する試験。試験対策授業でもなかなかモチベーションが上がらない学生もいました。
そんな時は一人ひとりと面談をします。
今やるべきこと以外のことが頭の中にあったり、今何が大事なのかが見えていない学生もいます。
そうした学生をいかに試験勉強に向けさせるか。
ただ問題を解かせるだけではだめですから。
試験対策授業は当学科の誇れるもののひとつです。
学んだ全てが試験範囲なので過去問や問題集だけでなく、私は「虎の巻」を準備します。
学生の苦手な科目を把握し、常に状況に応じて対策をおこなうのです。
苦手を克服することによって得点の底上げをします。

180424AHT02.jpg

Q:学生たちの試験に臨む姿は?
福澤先生:授業が終了しても下校時刻まで残ってみんなで調べて教え合って、問題を解いていました。
クラス全体がちゃんとやるんだ!という雰囲気になると学生の目つきも変わってきます。
学生みんなが欠席せず登校し授業中も聞き漏らさない努力をしていました。
復習をして知識を定着させることも忘れずにおこないました。

Q:どんな動物看護師になってほしいですか?
福澤先生:3月に卒業し今春から動物病院で働いている卒業生達にとって今は覚えることがとても多く
緊張感で乗り切らなくてはならない時期でもあります。
体力的にも決して楽な仕事ではありませんが辞めることなく頑張ってほしい。
そして患者動物に対して心を持った看護をしてほしいと思います。
彼らであればそれができると信じています!
今後の動物看護師の業界を担い、盛り上げていってほしいと思います。

Q:動物看護師を目指す高校生にメッセージを!
福澤先生:動物看護師は素晴らしい職業です。動物にも人にも寄り添える仕事です。
日本も今後資格が整備されていきますのでこれからますます社会的に認知度が上がっていくと思います。
ちょうどその過渡期でもあるので、これから動物看護師を目指す人、学生達、卒業生たちは、
頑張らないといけない期待がかかっています。
そしてその頑張りが動物たちに良い看護を提供できていくと思います。
これから目指す人たちは強い意志を持って入学してきてほしい。
そして私は彼らに動物看護師として社会に出ていくことを約束してあげたいと思っています。

2017年度資格検定取得実績はこちら>>


動物看護師学科のその他の記事はこちら>>

PAGE TOP