専門学校 未来ビジネスカレッジ

HOME >クリエイトデザイン学科 >コミックイラストレーター専攻
コース

クリエイトデザイン学科

▼クリエイトデザイン学科メニュー

コミックイラストレーター専攻

相手の伝えたいイメージや考えを理解して、
直感的に表現できるイラストレーターに!

コミックイラストとは、一般に雑誌や書籍の挿絵などのことをいいますが、世界に影響を及ぼす日本のまんが文化にも支えられ、現在ではコミュニケーションに不可欠な表現手法として注目されています。
小さなイラストが文章の世界を豊かに広げるように、イメージやコンセプトなどを一場面の絵としてわかりやすく表現できるイラストレーターを目指します。

コミックイラストレーター専攻
コミックイラスト演習

コミックイラスト演習

想像力を駆使してストーリーを組み立て、キャラクターが置かれた状況を視覚化するのが、コミックイラストの醍醐味。個性的な表現と想像力の習得を通して、書籍の表紙や挿絵、広告などの多彩なジャンルで活躍できる力を養成します。

デジタルコミック技法

デジタルコミック技法

漫画の制作方法にはさまざまな形がありますが、ラフ→下書きを経てデジタルでマンガやイラストを仕上げていく技術を学びます。
いまは漫画を仕上げるソフトウェアもさまざまですが、主に授業の中で使ってきたPhoto shopを使った仕上げ方を学んでいきます。

アニメーション制作技法

アニメーション制作技法

「アニメ」の語源は、ラテン語の「anima(アニマ)」(霊魂の意)という言葉。つまり、「アニメーション」とは「命を吹き込む」という意味なのです。単なる絵や3Dモデルが生き生きと動き回る、そんな映像表現の手法を学習します。

取得を目指す資格!
◆ 色彩検定
◆ Photoshopクリエイター能力認定試験
◆ Illustratorクリエイター能力認定試験
◆ Flashクリエイター能力認定試験
◆ CGクリエイター検定
◆ Webデザイナー検定
◆ 漫画能力検定
◆ 似顔絵検定
◆ インターネットユーザー能力認定試験
◆ 文書デザイン検定
◆ ホームページ制作能力認定試験
◆ ワープロ検定
◆ 表計算検定
将来はこんな職業に!
◆ イラストレーター
◆ アニメーター
◆ 絵本作家
◆ DTPオペレーター
◆ キャラクターデザイナー
◆ 漫画家アシスタント
◆ ゲームデザイナー
◆ 出版印刷業界
◆ デザイン業界
◆ マンガ業界
専門選択科目
イラストレーター、キャラクターデザイナーとしてのデザインスキルを発展的に学ぶ
●コミックイラスト演習
●DTPデザイン演習
●映像編集技法
●アニメーション制作技法
●ゲームプランニング
●ブランディング
●デジタルコミック技法
●CG実習
●修了制作
●プロジェクト演習
●卒業制作
共通カリキュラム
クリエイター、デザイナー、イラストレーターを目標にした基本的なカリキュラム
●色彩&デッサン
●イラストレーション
●デザインツール
●アート・デザイン概論
●DTP・タイポグラフィー
●CGリテラシー
●CG実習
●パソコンリテラシー(Mac/Windows/iPad)
●情報リテラシー(Word/Excel/PowerPoint)
●ネットワークリテラシー
●Webアニメーション
●映像編集技法
●実務教養

先輩たちの声

自分にこんな集中力、忍耐力があったとは!

向井 夕起さん 東京都市大塩尻高校出身 クリエイトデザイン学科2年

鷲澤 彩さん

小さい頃からイラストを描くのが大好きで、もっと基本を学びたいと思ってMITに入学しました。実際、空間把握の仕方や人物の身体の構造など、学ぶことが一杯で、楽しくて仕方がありません。タブレットとペンを使ってデジタルで描く最新のイラスト技術を学べるのも魅力です。苦手なこと、興味の薄いことも、しっかり身につけ、ラノベの挿絵を依頼されるくらいのプロになることを目標に、学び続けたいと思っています。


2年間で自分の作品に自信が持てました!

宮澤 健太さん 創造学園高校出身 クリエイトデザイン学科2017年卒

宮澤 健太さん

中学の頃からマンガ家になるのが夢でした。MITでは周りが上手い人ばかりで自信をなくしそうになりましたが、逆に「やりたいことはこれしかない!」と、頑張る覚悟ができました。卒業制作ではオリジナルの絵本を制作し販売しましたが、実際に自分の制作したものを販売するのは初めてで、売れるかどうか不安がありました。ところが予想以上の反響をいただいて、自分の作品をお金を出して買っていただける喜びは2年間頑張ってきたのが認められたようで本当に嬉しかったです。これからも自分の力を信じてマンガを描き続けたいと思います。


PAGE TOP