松本情報工科専門学校

HOME >学校案内 >自動車整備学科
department

自動車整備学科

現在の主たる輸送・移動手段である自動車。その自動車の安全・安心な運行のためには自動車整備士が必要不可欠です。国家資格の取得はもちろんのこと、自動車に関する知識、臨機応変に対応できる整備技術、そして社会に対応する人間力を持った自動車整備士を育成します。

図

実習

クルマや単体部品を使って、取り外しや取り付け、分解・組立を行い、各装置に必要な点検、調整、部品交換などを実際に行う

2倍

実習が学科の2倍もあるので、学科で学んだことを実習で確実に名称と役割を知り、各装置の構造や機能を学ぶ。身につけられるカリキュラムです。

イラスト
イラスト
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

学科

教科書の図や解説をもとに、クルマの各部品の名称と役割を知り、各装置の構造や機能を学ぶ。

●エンジン

・エンジンの原理・構造
・潤滑装置(オイルポンプ、オイルフィルタ)
・冷却装置(ウォーターポンプ、サーモスタット)
・燃料装置(キャブレータ、インジェクタ)
・吸気・排気装置(ターボチャージャ、マフラ)

●シャシ

・トランスミッション(クラッチ、M/T、A/T)
・サスペンション(スプリング、ショックアブソーバ)
・ホイール&タイヤ
・ブレーキ(ディスクブレーキ、ドラムブレーキ、ABS)

●電気装備品

・始動装置(スタータモータ)
・充電装置(オルタネータ、バッテリ)
・点火装置(スパークプラグ、イグニッションコイル)
・灯火装置(ヘッドランプ、ブレーキランプ)

●法令

・道路運送車両法(整備事業、車検、保安基準)

  • 写真
  • 写真

●1年次

クルマの構造や原理、整備についての基本的なことを学んで整備士としての土台を固める。

●2年次

電子制御や故障探求、法令に基づいた点検など、2年次より実践的な技術や知識を習得する。

オープンキャンパス

PAGE TOP