松本情報工科専門学校

HOME >情報システム学科ブログ >立体パズル、解けました!
情報システム学科ブログ

情報システム学科ブログ

立体パズル、解けました!

更新日:2019.01.22

立体パズルを解くプログラムを作って、コンピュータに解かせてみました。
 
形の異なる9個のブロックから2個を除いて、立方体を組み立てるパズルです。
 
 
 
 
 
このパズル、3次元CADの授業で遊びながら学ぶために使っています。
 
みんな最初のうちは、なかなか立方体が作れないのですが、
 
慣れてくると数分でどんなパターンでも組み立てられるようになります。
 
授業では、CADというソフトを用いてコンピュータ上でもパズルを組み立てます。
 
 
 
 
さてこのパズル、絶対に作れそうにない組み合わせがありました。
 
そこでそれを証明するために、プログラムを作ってみることにしました。
 
プログラムが完成するまでの「泣けるストーリーcrying」は、なが~くなるので
 
ここでは割愛して、私の授業を受ける人にだけお話しますね。
 

 
 
動画はあるパターンで、全245通りの答えを見つけるまでのノーカットバージョンです。
 
コンピュータpcが考えているように見えますが、思考はしてませんsmile。試行しています。
 
人間は30秒で1通りの答えを見つけるのがせいぜいですが、
 
コンピュータはこの間に全ての答えを見つけていますflair
 
 
 
プログラミングって本当にすごいですね。
 
akahane
 
 
#openFrameworks
 
 

 

 


情報システム学科のカリキュラム等は
↓↓↓
こちら

PAGE TOP