松本情報工科専門学校

HOME >情報システム学科ブログ >ミニ4駆の着順判定とタイム計測装置の製作記3
情報システム学科ブログ

情報システム学科ブログ

ミニ4駆の着順判定とタイム計測装置の製作記3

更新日:2017.07.28

第3回目の制作記になります。

今回は、色を判定する時に何色を用いるのがよいのか苦闘したところを報告します。

光センサーで色を見分けるわけですから、光の色といえばRGB,つまり赤、緑、青ですね。sun

そこで、この3色を印刺したそれぞれの紙をそれぞれの車の底に張り付けました。

20170728haimein.JPG

車は一瞬でセンサー上を通過するため、色の面積が小さいと認識できないことが分かりました。

そこで、紙の面積をできる限り大きくして張り付けたのです。

車がセンサーの手前で整列している状態です。

20170728carAndSensor.JPG

周りの光と一緒にならないように、センサーにはふたをして、そのふたの下をスタート位置、ゴール位置としました。

20170728topmen.JPG

これで、各車の通過を判定できると考えたのですが、問題勃発!!sweat01impact

赤色の車が通過しても、センサーが赤色信号を拾わない。青も同じで、緑だけはまずまず・・

ゆっくり走ればOKなのですが、速いスピードでは判別できないのです。

そこで、他の色ではどうであろうかと、赤、緑、青に近いところでいく色も試しました。

画像はその一部です。

20170728tape.JPG

その結果、どんなことがわかったでしょう?

続きはまた次回ということで・・・lovely


情報システム学科のカリキュラム等は
↓↓↓
こちら

PAGE TOP