学科ログ

BLOG

クルマのゲームを作ってみた(1)

更新日:2019.09.04

カサイですaries

自動車整備学科では、7/13・14に行われた『まつもと広域ものづくりフェア』で今年もミニ四駆のブースを出展したわけですが、ブースから少し離れたところにスペースをお借りして設置したスイッチゲームが子供たちにとてもウケており、その後継モデルを制作しようと考えましたflair

前作.JPG

↑ 光ったスイッチを押すだけの単純明快なゲームは意外と人気で、順番待ちの列ができていた。

 

今回はとにかくクルマcarが主役のゲームを作りたい、と思いました。

イベント向けなので、小さい子chickでもすぐにルールを理解して楽しめることが条件です。

また、順番待ちが発生することを考えると一人が長時間プレイするようなものはngannoyです。

 

・・・ということで、「障害物をよけて走るクルマのゲーム」を作ることにしました。

 

まずIllustratorというソフトでキャラクターやステージを描くpencil

クルマ描画中.jpg

↑ 舞台はアメリカ(テキサス)の設定なので、タイヤやマフラーがボデーからはみ出ていても違法改造ではありませんよbleah

 

タイマーやスピードゲージは1コマずつ全部描くpencil

タイマー描画中.jpg

↑ 個別に保存pcする作業がメンドかった~sweat01

 

タイトルロゴも描いてみたpencil

タイトル描画中.jpg

↑ 「The DRIVE」・・・。ダサいくらいがちょうどイイのだhappy02

  縦スクロールなので、シンメトリーなデザインでart

 

これらを使ってゲームを試作したわけです。

カサイは、難しいコンピュータ言語が使えないcryingので、子供向けのプログラミングソフト「スクラッチ」で制作good

ブロック.jpg

↑ 命令ブロックを組み合わせていくだけの楽しいプログラミングhappy01

 

で、とりあえず試作品shineができましたとさnew

ゲーム画面02.jpg

操作は、左右の移動と上下のスピード調整のみ。

制限時間20秒で走った距離を得点とする。ハンバーガーfastfoodを取ると加点。

うん。単純でまあまあ楽しいのができたぞok

 

次回は、筐体制作hairsalonの様子をアップします。

筐体制作中.jpg

お楽しみに~paper


SHARE
© mirai.ac.jp All Rights Reserved.