松本情報工科専門学校

HOME >募集要項 2018年度版
募集要項

募集要項 2018年度版

募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

募集学科・入学資格・出願期間

募集学科

募集学科 修業年限 定員
自動車整備学科 昼2年制・男女 80名
情報システム学科 昼2年制・男女 40名

入学資格

■高等学校卒業以上の者及び平成30年3月卒業見込みの者
■文部科学大臣が行う高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格した者。

出願期間・試験日

区分 出願期間 試験日










第1回 平成29年10月 2日(月)
~10月17日(火)まで
平成29年10月21日(土)
第2回 平成29年10月23日(月)
~11月14日(火)まで
平成29年11月18日(土)    
第3回 平成29年11月20日(月)
~12月12日(火)まで
平成29年12月16日(土)    
第4回 平成29年12月18日(月)
~平成30年1月30日(火)まで
平成30年2月3日(土)        
第5回 平成30年2月5日(月)
~3月8日(水)まで
平成30年3月13日(土)          
第6回 平成30年3月9日(金)
~3月19日(月)まで
平成30年3月23日(金) ○※          

第6回の入学試験は情報システム学科のみ行なう

■入学書類は、各回出願期間必着のこと。
■入学試験に不合格になった者は、年度内での再受験は認めない。
■期間中定員に達した場合は、その時点で募集を打ち切る。
■出願期間中の土曜日・日曜日・祝日及び冬期休暇(12月26日~1月8日)は学校窓口での願書受付を実施しない。
(学校窓口での願書受け付けは月曜日から金曜日の9:00~17:00まで)
■AO入試の出願期間及び合格通知については、こちらをご覧ください。

募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

出願手続

  推薦入学 一般入学
受付期間 第1回~第4回
【平成29年10月2日~平成30年1月30日】
自動車整備学科
第1回~第5回
【平成29年10月2日~平成30年3月8日】

情報システム学科
第1回~第6回
【平成29年10月2日~平成30年3月19日】
出願資格 平成30年3月高等学校卒業見込みの者で本校を専願に考え、下記の基準のいずれかの条件を満たし出身高等学校長の推薦を受けた者。
1.学業成績の評定平均値が3.0以上の者
2.高等学校の欠席日数が3年間で15日以内の者
平成30年3月高等学校卒業見込み又は卒業の者。
高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検
定)合格者。
出願書類 1.入学願書(様式ーA)
2.受験票(様式ーB)
3.個人票(様式ーC)
4.調査書
5.推薦書(様式ーD)
6.写真(2枚)裏面に本人氏名を記入、(1)(3)に貼付
7.受験票返信用封筒(82円切手貼付)
8.入学選考料(15,000円)
1.入学願書(様式ーA)
2.受験票(様式ーB)
3.個人票(様式ーC)
4.調査書
6.写真(2枚)裏面に本人氏名を記入、(1)(3)に貼付
7.受験票返信用封筒(82円切手貼付)
8.入学選考料(15,000円)
選考方法 書類審査・適性検査・面接試験 書類審査・適性検査・基礎学力試験(国語)・面接試験
平成29年度のオープンキャンパス及び入試説明会に各1回以上参加した者で、第3回入学試験までの出願者は適性検査免除
出願方法 上記書類を郵送または直接本校に持参する。
(郵送にあたっては、本校所定の出願用封筒を使用し、「書留」とする。)
入試通知 出願締切日後に本人宛、受験票と実施要項を郵送する。
合格発表 入学試験実施後一週間以内に、本人宛に合否通知を郵送する。
なお、電話での問い合わせには一切応じない。

出願書類について

(1)入学願書(様式-A) ◎必要事項を漏れなく記入し、(6)写真を貼付する。文字は楷書とし、
特に氏名・フリガナは戸籍を確認し、正確なものを記入すること。(例:シマとジマ 沢と澤)
(2)受験票(様式-B) ◎必要事項を漏れなく記入し、切り離して提出すること。
◎個人票には(6)写真を貼付すること。
(3)個人票(様式-C)
(4)調査書 ◎出身高校作成のもの。(開封無効)
高卒以上の学歴を有するものは、出身高等学校の調査書の他に最終学歴の成績証明書も添付すること。
◎高等学校卒業程度認定試験合格者は、文部科学省発行の合格証書及び合格成績証明書を添付すること。
(5)推薦書(様式-D) ◎出身高校学校長の署名捺印したもの。
推薦入学の場合のみ。
(6)写真 ◎最近3ヶ月以内に撮影したもの。
◎所定の大きさ(縦4cm・横3cm)で、枠なし、正面無背景、脱帽の上半身像を
(1)入学願書(様式-A)に1枚、(3)個人票(様式-C)に1枚貼付する。
写真の裏には本人の氏名を記入すること。
(7)受験表返信用封筒 ◎本校所定の封筒、あるいは市販の封筒に、本人住所・氏名を明記し、82円切手を貼って同封すること。
(8)入学選考料 ◎15,000円。郵送の場合は、ゆうちょ銀行または郵便局で普通為替にして同封すること。
その際受取人欄等は記入しないこと。持参の場合は現金可。

いったん受理した出願書類および選考料は返還しない
出願書類は全て黒(油性)のインクもしくはボールペンで記入すること
全ての書類及び封筒は楷書で丁寧に記入すること


募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

指定校推薦入試

指定校推薦入試

●本校が定めた高等学校(指定校)の卒業見込みの者で、学校長が推薦する本校専願の学生を対象とし、特別に推薦枠を設けて実施する入試。

指定校推薦入試
募集人数 指定校ごとに定める。
出願基準 指定校に配付している要項に記載。
試験日 平成29年10月21日(土)
選考方法 書類審査 面接試験

●在籍校が本校の指定校か否かは、本校事務局(0263-33-8800)または高等学校の進路指導室の先生にお問い合せください。

併願制度

併願制度の出願資格・出願手続

●本校では、大学・短大と併せて本校への出願を考えている者を対象に、併願制度を設けている。
この制度は、本校の定員内への入学権利を保証するものであり、併せて受験する大学・短大の合格発表後に実際の入学手続きを実施することで、出願・受験の便を図る制度。

  併願制度
出願期間 第1回~第3回【平成29年10月2日~12月12日】
出願基準 平成30年3月高等学校卒業見込み及び卒業の者。高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者。
出願書類 1.入学願書(様式−A)
2.受験票(様式−B)
3.個人票(様式−C)
4.調査書
6.写真(2枚)裏面に本人氏名を記入、 1.3.に貼付。
7.受験票返信用封筒(82円切手貼付)
9.併願選考料(55,000円)
10.併願申込書(様式−H)
選考方法 一般入学の場合に準ずる。但し、適性検査免除は適用しない。
入試通知 一般入学の場合に準ずる。
出願方法 一般入学の場合に準ずる。
合格発表 一般入学の場合に準ずる。

出願書類について
9.併願選考料 ◎55,000円。郵送の場合は郵便局発行の郵便為替にして同封すること。
その際受取人欄は記入しないこと。持参の場合は現金可。
(内訳は、入学選考料15,000円+併願登録料40,000円。
ただし本校の入学手続きの際に、併願登録料40,000円は入学金に充当される。)
10.併願申込書(様式-H) ◎必要事項を漏れなく記入すること。

いったん受理した出願書類および選考料は、返還しない
出願書類は全て黒(油性)のインクもしくはボールペンで記入すること
※全ての書類及び封筒は楷書で丁寧に記入すること

併願制度の入学手続
●併願による本校の合格者は、併せて受験する大学・短大の入試結果発表後3日以内に、必ず本校事務局まで進路決定の旨を連絡すること。
尚、最終締切は平成30年3月末日とする。
●本校への進学決定者は、電話連絡と併せて所定の銀行振込用紙(合格通知に同封)を使い、入学金を1週間以内に納入すること。その際、併願登録料40,000円を入学金より差し引いた金額を納入する。
本校への入学辞退の場合(期限内に連絡の無い場合も定員の関係上入学辞退とみなす)、併願登録料40,000円は一切返還しない。
併願登録料40,000円については、本校の入学選考において不合格の場合のみ返還する。

募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

AO入試

AO (アドミッション・オフィス)入試は、学力のみならず入学希望者の意欲や熱意・適性などをエントリーシートと面談審査を通して評価し、本校の求める学生像(アドミッション・ポリシー)と照らし合わせた総合的な判断をもとに入学を許可する制度。

AO入試について
本校のアドミッション
・ポリシー
(求める学生像)
●本校で学ぶ自動車整備や情報処理等に関する専門知識及び将来役立つ知識や技術・技能を修得したいという情熱のある者
●修得した知識や技術によって自分の未来を豊かにし、将来社会や地域にも貢献したいという意思を持っている者
エントリーの条件
受験資格
本校のアドミッション・ポリシー(求めている学生像)に共感し、本校に興味関心を抱いている者なら、だれでもエントリーできる。卒業年度や学校での成績は一切問わない。本校所定のエントリーシートを提出すること。ただし、下記の受験資格を満たしていることが必要。
●本校開催の所定のオープンキャンパスに参加している者
●本校を第一希望とする専願者
●平成30年3月高等学校卒業見込者、または高等学校卒業者及び高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格者
●高等学校の担任、保護者の承諾を得ている者(現役高校生のみ)
募集定員 入学定員数の30%以内
AO入試の流れ
STEP1 所定のオープンキャンパスに参加 本校開催のオープンキャンパスに参加して説明を受ける。
エントリーシートは参加時に配付される。
平成29年度
オープンキャンパス日程
4月23日(日)・5月20日(土)・6月11日(日)・6月24日(土)・7月8日(土)・7月29日(土)・8月5日(土)
STEP2 エントリー&AO入試面談 エントリーシートに記入し、郵送または持参(平日 月~金)する。
エントリー受付後、面談日時など確認の通知が発送される。(エントリーは無料)
エントリー受付期間 面談日
平成29年6月1日(木)~8月28日(月) 平成29年9月3日(日)
STEP3 入学内定書の送付 エントリーシートと面談結果による選考後、
AO入試合格者には「内定通知書」が送付される。
STEP4 出願書類提出 「内定通知書」が届き次第所定の出願書類に「内定通知書」を同封して出願する。
出願期間 合格発表
内定通知到着後~平成29年10月4日(水) 平成29年10月5日(木)
STEP5 入学手続き 入学手続きは合格通知に同封されている書類にしたがって期限までに行う。
入学手続きが完了した者には、入学許可証が交付される。
STEP6 入学までの事前学習 AO入試合格者は入学までの間、指定の事前学習を行う。

●エントリー受付期間及び出願期間中の土曜日・日曜日・祝日及び夏季休暇(7月30日~8月17日)は学校窓口でのエントリーの受付を実施しない。(学校窓口でのエントリー及び願書受付は月曜日から金曜日の9:00~17:00まで)
AO入試と特待生・奨学生制度の併用は認めないものとする。特待生・奨学生制度を希望する場合は、推薦・指定校推薦入試のいずれかで出願すること。
AO入試に不合格になった者は、年度内の再受験を認めない。

募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

出願別受験科目一覧

  一般 推薦 指定校推薦
一般 併願 推薦 特待生 奨学生 指定校推薦 特待生 奨学生
書類審査
適性検査
※1

※1
 
基礎学力試験
(国語)
       
特待生学力試験
(国語・数学・英語)
           
面接試験

※1条件を満たした方は免除される場合があります。詳しくは「出願手続」を参照してください。
AO入試については 「AO入試」を参照してください。

募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

入学手続・出願から入学まで

入学手続

●合格通知到着後1週間以内に所定の銀行振り込み用紙(合格通知に同封)を用いて入学金を納入すること。ただし、合格の時期により、最終期限は平成30年3月30日とする。
●入学後の学費納入のための預金口座振替依頼書(合格通知に同封) を提出する。
●入学金受理後、入学許可証を発行する。
●入学許可証を受け取った者は、それから1ヶ月以内に、前期納入金(半年分の授業料、年間分の施設設備費)を振込みにより納入すること。
ただし、入学許可の時期により、最終期限は平成30年3月30日とする。
●連絡なく指定日までに入学手続きがなされない場合は、入学意志がないものと認め、入学許可を取り消すこともある。
●出願時点で高等学校卒業見込みの者は、本校が指定する日までに高等学校の卒業証明書を提出すること。


出願から入学まで













































































       
















       























                     
A
O






A
O








A
O



A
O





●入学式、オリエンテーションの日程については、入学が確定している者に、3月中ごろまでに通知する。

募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

学費・その他費用

学科 入学金 1年次 2年次 2年間合計
学費内訳
授業料 施設設備費
自動車整備学科 160,000 990,000 990,000 2,140,000
560,000 430,000
情報システム学科 160,000 830,000 830,000 1,820,000
560,000 270,000

単位は円

●平成30年3月30日までに入学辞退の意思表示をした場合は、すでに納入された納入金のうち、入学金を除いた授業料・施設設備費を返還する。※ 返還の際の振込手数料は辞退される方の負担となります。
●学費納入についてやむを得ない理由がある場合には、本校事務局まで申し出ること。

学費の納入時期
  • 1. 1年次の授業料の後期分は7月末までに納入。
  • 2. 2年次の授業料は入学時のものが継続する。就学途中での変更はない。
  • 3. 2年次の学費は1年分を1年次の2月末までに一括納入することを原則とする。
    自動車整備学科 情報システム学科
合格通知到着後1週間以内(注) 入学金 160,000 160,000
入学許可証到着後1か月以内
(注)
1年次
前期納入金
710,000
【280,000(授業料の半分)+430,000(施設設備費)】
550,000
【280,000(授業料の半分)+270,000(施設設備費)】
1年次7月末 1年次
後期納入金
280,000( 授業料の半年分) 280,000( 授業料の半年分)
1年次2月末 2年次学費 990,000 830,000

(注) ただし、合格の時期により最終期限は平成30年3月30日とする。

その他費用
  • ●自動車整備学科
    教科書・教材・実習(作業服・工具含む)・行事などの費用については、上記とは別に実費負担となり、入学後指定された期日までに納入する。(初年度17万円程度 4、5、6月の3期分納で、明細は別途配付する)
  • ●情報システム学科
    教科書・教材・実習・行事などの費用については、上記とは別に実費負担となり、入学後指定された期日までに納入する。 (初年度15万円程度 4、5,6月の3期分納で、明細は別途配付する)
    入学後、ノート型パソコンを購入予定
    目安として10万円程度。すでにお持ちのノート型パソコンをお使いいただくことは可能ですが、その場合は念のためパソコンの種類、スペックを事前にご連絡ください。

募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

学費サポート制度

未来学舎 特待生制度
  • 人物・学力ともに優れている学生に対し、1年次授業料の一部を免除し、就学をすすめるものである。
    特待生として合格した者に対し、試験の結果により特待生A~Dを判定する。
特待生A 授業料20万円免除
特待生B 授業料15万円免除
特待生C 授業料10万円免除
特待生D 授業料5万円免除
特待生制度
出願基準
1) 学業成績の評定が3.2以上かつ、高等学校の欠席が3年間で10日以内の者。
2) 入学願書提出に際して、特待生として高等学校長の推薦を得られる者。
出願書類
一般入学の出願書類1~4、6~8に加え
11.本校指定の申込書(様式-G)
12.本校指定の特待生推薦書(様式-E)
5.推薦書(様式ーD)は不要。
指定校推薦と併用の場合、加えて本校所定の指定校推薦書が必要となります。
選考基準
人物・学力ともに優れている者で、入学後、学業や行動において他学生の規範となり、将来良識のある社会人として活躍する見込みのある者。
選考方法
1)書類審査
2)適性検査
3)特待生学力試験(国語・数学・英語)
4)面接試験
受付期間
平成29年10月2日~10月17日
※ 第一回入学試験のみ
定員
若干名
  合格発表
入学試験の合否と合わせて、特待生の合否、及び判定を通知する。
未来学舎 奨学生制度
  • 人物・学力ともに優れかつ経済的事情のある学生に対し、1年次授業料の一部を免除し、就学をすすめるものである。
    奨学生として合格した者に対し、試験の結果により奨学生A~Dを判定する。
奨学生A 授業料20万円免除
奨学生B 授業料15万円免除
奨学生C 授業料10万円免除
奨学生D 授業料5万円免除
奨学生制度
出願基準
1)学業成績の評定が3.0以上、又は高等学校の欠席が3年間で10日間以内のいずれかの条件を満たす者。
2)入学願書提出に際して、奨学生として高等学校長の推薦を得られる者。
出願書類
一般入学の出願書類1~4、6~8に加え
11.本校指定の申込書(様式-G)
12.本校指定の奨学生推薦書(様式-F)
5.推薦書(様式ーD)は不要。
指定校推薦と併用の場合、加えて本校所定の指定校推薦書が必要となります。
その他、本校が必要とする書類の提出をお願いすることがあります。
選考基準
人物が特に優れている者であり、家庭の経済的困難等の理由で就学のために経済的支援が必要と認められ、入学後、学業や行動において他学生の規範となり、将来良識のある社会人として活躍する見込みのある者。
選考方法
1)書類審査
2)適性検査
3)基礎学力試験(国語)
4)面接試験
受付期間
平成29年10月2日~12月12日
※ 第1回~第3回入学試験
定員
若干名
  合格発表
入学試験の合否と合わせて、奨学生の合否、及び判定を通知する。
2年次授業料免除制度
  • ●人物・学力共に優れている在校学生に対し、家庭の経済状況により2年次授業料の半額を免除する制度。
    1学年の9月に申し込みを受け付け、1年次の成績等を考慮して選考する。
    【免除金額】 自動車整備学科:28万円  情報システム学科:28万円
家族入学優遇制度
  • 入学希望者の兄弟姉妹、または父母が未来学舎の各専門学校(MIT・MIC・MIE) の在校生または卒業生である場合、入学金から10万円を免除する制度。
    【対象】本校の専願者で、本人の兄弟姉妹または父母が未来学舎専門課程を卒業(または在籍)している者。
    兄弟姉妹同時入学の場合は1名分のみ適用。
    【免除金額】10万円(申込者全員)
    【受付期間】各出願期間に準ずる。
    【申込方法】入学願書の「家族入学優遇制度」申込欄に記入。
    【制度併用】ほかの各制度と併用できる。(併願不可)
学費分納制度
  • 学費納入について通常1年次2分割、2年次は一括納入(1年次2月)を原則としているが、諸事情により分納を希望された場合、入学後に納入する学費について無利子で分割納入できる制度を設けている。
    【対象】諸事情により学費の一括納入が困難な者。
    【申込方法】本校事務局までご連絡ください。 面談によるご相談の上、手続き書類をお渡しいたします。
    【事務手数料】1年次:9,000円 2年次:9,000円

募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

公的機関の奨学金制度・教育ローン

日本学生支援機機構奨学金制度
  • 本校では、日本学生支援機構の奨学金を利用することができる。経済的理由により、就学に困難がある優れた学生に対し貸与される奨学金制度。

貸与型奨学金

  第一種奨学金(無利子貸与) 第二種奨学金(有利子貸与)
学力 (1年次)
高等学校又は専修学校高等課程の2・3年生の成績が3.2以上の者
(2年次)
本人の属する学科の上位1/3以内の者
1) 出身高校又は在籍する学校における成績が、平均水準以上と認められる者
2) 特定の分野で特に優れた資質能力を有すると認められる者
3) 学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
4) 高等学校卒業程度認定試験合格者で、上記のいずれかに準ずると認められる者
家計 家計を支えている人の収入より選考 家計を支えている人の収入より選考
貸与月額 ・ 自宅通学者
53,000円または30,000円から選択
・ 自宅外通学者
60,000円または30,000円から選択
・3万円、5万円、8万円、10万円、12万円の5種類から選択
返還 卒業後返還
月賦または月賦・半年賦から選択
無利息
卒業後返還
月賦または月賦・半年賦から選択
在学中は無利息
卒業後は年利3%を上限として返還額が計算される
申し込み方法
1.予約採用 ●高校在学中に予約採用の申し込みが可能(進学先が未定でも申込可能)
●本校入学前に奨学金貸与が決定するので、安心して進学できます。
●通常、高校卒業年度の春季に募集が始まります。募集期間、申し込み方法等詳しいことは在学中の高等学校に相談してください。
●入学後に必要な手続き( 進学届の提出) を行い、正式採用となります。
2.定期採用 ●本校に入学してから申し込み
●通常、入学年度の4月~6月に募集
●採用人数に制限あり。
●募集についての詳しいことは当校の事務局へ相談してください。

給付型奨学金【新制度】

対象 非課税世帯で、一定の学力・資質要件を満たす学生。
基準 ・ 在籍する高等学校長による推薦
※推薦基準等の詳細は、日本学生支援機構が定める
給付月額 ●私立の場合 ・自宅通学 3万円 ・自宅外通学4万円
※社会的養護が必要な人は、別途一時金として入学時に24万円を支給


国の教育ローン(日本政策金融公庫)
  • 「国の教育ローン」は、専修学校、高校、短大、大学、各種学校や外国の高校、大学等に入学・在学するお子様をお持ちのご家庭を対象として公的な融資制度。
【ご融資額】 学生1人につき350万円以内
【利息】 年1.81%(平成29年3月現在)
※母子家庭、父子家庭または世帯収入(所得)200万円(122万円)以内の方の利息は年1.41%
(平成29年3月現在)
【ご返済期間】 15年内以内(交通遺児家族、母子家庭、父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は18年以内)
【お使い道】 入学金、授業料、教科書代、アパート・マンションの敷金・家賃など
【ご返済方法】 毎月元利均等返済(ボーナス時増額返済も可能)

詳しくは、「国の教育ローン」コールセンター(0570-008656(ナビダイヤル)または03-5321-8656)までお問い合わせください。

未来学舎 提携教育ローン
  • 学校法人未来学舎では、学費納入にかかる経済負担の軽減をはかるため、信販会社との提携による教育ローンを取り扱っている。ご希望の方は、本校事務局までお問い合わせください。


(平成29年3月現在)

  セディナ
(学費ローン)
オリエントコーポレーション
(学費サポートプラン)
ジャックス
(悠裕プラン)
申込手続 セディナにWebで申込み
証明書類不要
詳細はこちらから>>
↓下記ボタンからオリコに直接申し込み
(証明書類不要)
オリコ学費サポートプラン
↓下記ボタンからジャックスに
直接申し込み
証明書不要
限度額 原則5万円以上500万円以内 10万円以上500万円以内 20万円以上500万円以内
用途 入学金、授業料、教材費、実習費、研修旅行費用 等
返済方法 毎月元利均等返済(残債型)
ボーナス時増額返済可
(融資額の1/2以内)
毎月元利均等返済
(元利均等リボルビング払い)
ボーナス時増額返済可
(融資額の1/2以内)
毎月元利均等返済
ボーナス時増額返済可
(融資額の1/2以内)
利息 2.95%(固定) 4.30%(固定) 3.10%(固定)
返済期間 10年以内 10年以内 6か月以上10年以内
(据置期間含む)
元金据置 在学中元金据置可
元金据置期間中は利息のみ支払
在学中元金据置可
元金据置期間中は分納手数料のみ支払
在学中元金据置可
元金据置期間中は利息のみ支払
申込人 保護者
保証人 原則不要

本校事務局への連絡先 TEL.0263-33-8800

募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

特典・その他

1.通学定期券の割引
  • 通学に電車・バスなどの交通機関を利用する場合は学割が利用できる。
2.提携学生寮、アパート・駐車場の案内
  • 本校では、遠方からの入学生のためにレオパレス21との提携学生寮を用意している。詳しくはこちら
3.アパート・駐車場の案内
  • 上記提携学生寮のほか、アパート・駐車場を取り扱う不動産業者の紹介を行っている。
4.無料職業紹介事業の認可校
  • 本校は厚生労働省による無料職業紹介事業の認可校である。無料職業紹介事業とは、手数料又は報酬を受けずに、職業紹介(就職指導)を行うもので、厚生労働大臣が適当と認めた専修学校に対して認可するもの。
5.実習設備機器開放制度
  • 本校では実習室の設備を開放するので、自由に実技の自己学習の場として利用できる。
    ただし、利用時間は授業時間以外、利用者は本校学生に限られる。
6.専門実践教育訓練給付金制度 厚生労働大臣指定講座
  • 本校、自動車整備学科は厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練給付金制度の指定講座になっている。
    雇用保険の一般被保険者として働いていた年数等の条件を満たし、ハローワークにて手続きをすることにより、最大約70万円の訓練給付金を受け取ることができる。
    「受講者本人が専門実践教育訓練実施者に対して支払った教育訓練経費の4割に相当する額をハローワークから支給(上限96万円)(資格取得等し、受講終了日の翌日から起算して1年以内に一般被保険者として雇用された場合または雇用されている場合、教育訓練経費の60%に相当する額として全紙旧単位機関に係る教育訓練経費について改めて計算を行い、教育訓練の40%に相当する額として支給した額の差額分が支給される。上限144万円。)」
    「一定の基準を満たした方に支給される。」
    詳しくは最寄りのハローワークへ。
    ※情報システム学科は指定講座ではありません。

募集学科・入学資格・出願期間出願手続指定校推薦入試併願制度AO入試について
出願別受験科目一覧入学手続・出願から入学まで学費・その他費用
学費サポート制度公的機関の奨学金制度・教育ローン特典・その他

PAGE TOP