松本医療福祉専門学校

HOME > 医療秘書学科 > 取得資格
license

取得資格

目指す検定・試験・資格(一例です)
診療報酬請求事務能力認定試験(医科・歯科)

この検定は基礎医学・臨床医学の概要、医療関連諸法令の概要、診療報酬請求など広範囲かつ医療に関連する総合能力が問われます。医科・歯科があります。

医療事務管理士技能認定試験(医科・歯科)

 患者の受付・治療費の計算・診療報酬明細書作成など医療事務従事者が必要とされる技能・知識を認定するための検定です。診療報酬明細書作成能力、保険の知識をはじめ医学的基礎知識が問われ、医科と歯科があります。

医療秘書技能検定試験

医療現場での複雑な業務を的確に処理し、円滑に進める能力を証明するもの。秘書実務、医療関連法規、医学的基礎知識、医療事務など幅広く知識・技能が問われます。検定は1~3級に分かれています。

医事コンピュータ検定試験

情報処理に関する知識、医療事務の知識、医事コンピュータ操作技能の3分野の知識と技能が問われ、検定は1~3級に分かれています。

電子カルテ実技検定試験

この検定は、診療時における医師と患者とのやり取りを、シミュレーション化した問答形式問題を基に、電子カルテシステム(診療所、病院外来用)を操作し、電子カルテを作成する検定です。検定に合格すれば、医師事務作業補助技能認定の一つの条件を満たすことになります。

歯科助手資格

(社)日本歯科医師会が設定した「歯科助手資格認定制度」をもとに日本歯科医師会の了承を得た、各都道府県歯科医師会などで行なわれる講習を修了することで取得可能です。乙種第一、乙種第二、甲種の3種類があります。

優れたMICの試験合格率!
優れたMICの試験合格率!

医療秘書関連の試験のなかでも一番の難関!「診療報酬請求事務能力認定試験」。試験の3週間前から医療秘書学科名物の『試験対策授業』が行われます。試験合格のため、教員と学生 が一体となってこの集中授業に取り組み、毎年確実に成果を上げています。

PAGE TOP