松本医療福祉専門学校

HOME > 医療秘書学科 > 病院実習・企業研修
experiences

病院実習・企業研修

医療機関実習

実際の医療機関で2週間の研修を行います。医療スタッフの仕事内容、連携などについて見学・実習を通して学びます。学内だけでは学ぶことのできない多くのことを医療現場で体験することのできる貴重な機会です。

実習内容

1.病院内の見学

2.各部署での仕事内容の理解 (医事課、病棟・外来クラーク、その他関連部署)

3.実習(受付業務、案内業務、患者応対、その他)

実習内容

1.医療現場で働くとはどういうことか理解する

2.院内の仕事の分担と役割について理解する

3.今後、自分が学ばなければならないことを考える

主な実習先

相澤病院(松本市)、北アルプス医療センターあづみ病院(池田町)、安曇野赤十字病院(安曇野市)、一之瀬脳神経外科病院(松本市)、木曽病院(木曽郡)、国立松本病院(松本市)、塩尻協立病院(塩尻市)、桔梗ヶ原病院(塩尻市)、市立大町総合病院(大町市)、城西病院(松本市)、信州大学医学部附属病院(松 本市)、松本協立病院(松本市)、松本市立病院(松本市)、松本中川病院(松本市)、藤森病院(松本市)、穂高病院(安曇野市)、伊那中央病院(伊那市)、岡谷病院(岡谷市)、上伊那生協病院(箕輪町)、昭和伊南総合病院(駒ヶ根市)、諏訪共立病院(下諏訪町)、諏訪湖畔病院(岡谷市)、諏訪赤十字病院(諏訪市)、諏訪中央病院(茅野市)、諏訪マタニティクリニック(下諏訪町)、長野県立阿南病院(阿南町)、富士見高原病院(諏訪郡富士見町)、北野病院(長野市)、篠ノ井総合病院(長野市)、長野病院(上田市)

多くの患者さんが訪れる大学病院を知る 貴重な10日間でした。
丸山 美結さん 実習先信州大学医学部附属病院(松本市)

 大きな大学病院なので、各部署の見学がメインでした。輸血部、手術室、ICUなど普段は目にすることのできない実際の現場での仕事を目の当たりにすることができて感動でした。見学にまわる先々の部署では、学校では学べない多くの知識を吸収することができました。
 朝だけですが、1日20分ほど自動受付機前で患者さんへの応対も経験させていただきました。どの科に行けばいいのか分からない患者さんをエスコートしたり、受付機のご案内などをしながら、抱えている疾患も生活環境もその時の気分や体調も違う、さまざまな患者さんが来られる病院の外来では、教科書には書いていない、いろいろなことに配慮した対応力が必要なんだと実感しました。

保育施設実習

医療現場で患者様とのコミュニケーションの重要な部分を担う医療秘書にとって、小さな子どもたちとの関わりはとても大切になります。小さな子どもたちの特徴と関わり方を保育施設で体験学習します。

1歳違うと行動も言葉も こんなに違うんだと実感です。
加藤 夢乃さん 実習先上の原保育園(伊那市)

 子どもたちと一緒に遊ぶことでいろいろなことを学べた実習でした。初日は未満児クラス。小さい子どもに、どう接 したらいいのか分からず不安でしたが、意外とすぐに打ち解け、子どもたちの方から「先生」って寄ってきてくれました。未満児から年長まで、全ての学年の子どもたちと関わることができて驚いたのは、トイレのズボンの着脱や言葉の発達が、1歳違うだけでこんなにも違うんだということでした。
 最終日、年中さんへの紙芝居の読み聞かせを任され、初体験でドキドキでしたが、真剣に聞いてくれて話が終わると「なんで?」「どうしてこうなるの?」の質問攻め、最終日の楽しい思い出になりました。


高齢者施設実習

超高齢化社会を迎える将来、医療秘書にとって医療機関を訪れる高齢者の方とのコミュニケーション力も必須能力のひとつです。高齢者の方々と福祉施設でいっしょに過ごすことで関わり方を学びます

身近で簡単な話題からスタートすると、 自然と話しが広がり出しました。
赤津 まどかさん 実習先ききょうの郷(塩尻市)

 高齢者の方とのコミュニケーションを一番の目的で望んだデイサービスでの実習。初日は、1日の流れが分からず、どんな話題で話しかけたらいいのかも分からず、「はい」「そうですね」だけのぎこちない会話しかできませんでした。3日目くらいから、職員さんが「今日寒いね」など、簡単な話題から話しだしていることを参考にして声がけしてみると、スムーズに話題が広がって家族のことなども話していただけました。
 その後は、たくさんの方と楽しくお話しをすることができるようになりましたが、経験不足の私にとっては、認知症の方とのコミュニケーションの難しさも体験させていただきました。

実践・演習重視

 医療機関実習を充実した2週間にするために、事前の演 習をじっくり行います。演習では医療機関実習で必要な基礎知識、患者応対の方法をロールプレイ(役割演技)形式を用いて身につけます。
 また、高齢者施設演習の授業で、車椅子・介護ベッドの操作方法や利用される方への配慮についても学びます。救急法の習得も重視し、全員が上級救命講習を受講し、心肺蘇生、外傷手配、異物除去、搬送法について学びます。

PAGE TOP