松本医療福祉専門学校

HOME > 医療秘書学科 > 医療機関、保育・高齢者施設実習
experiences

医療機関、保育・高齢者施設実習

医療機関実習

実際の医療機関で2週間の研修を行います。医療スタッフの仕事内容、連携などについて見学・実習を通して学びます。学内だけでは学ぶことのできない多くのことを医療現場で体験することのできる貴重な機会です。。

実習内容

1.病院内の見学
2.各部署での仕事内容の理解
( 医事課、病棟・外来クラーク、その他関連部署)
3.実習(受付業務、案内業務、患者応対、その他)

実習目的

1.医療現場で働くとはどういうことか理解する
2.院内の仕事の分担と役割について理解する
3.今後、自分が学ばなければならないことを考える

主な実習先

相澤病院(松本市)、北アルプス医療センターあづみ病院(池田町)、安曇野赤十字病院(安曇野市)、一之瀬脳神経外科病院(松本市)、木曽病院(木曽郡)、国立松本病院(松本市)、塩尻協立病院(塩尻市)、桔梗ヶ原病院(塩尻市)、市立大町総合病院(大町市)、城西病院(松本市)、信州大学医学部附属病院(松本市)、松本協立病院(松本市)、松本市立病院(松本市)、松本中川病院(松本市)、藤森病院(松本市)、穂高病院(安曇野市)、伊那中央病院(伊那市)、岡谷病院(岡谷市)、上伊那生協病院(箕輪町)、昭和伊南総合病院(駒ヶ根市)、諏訪共立病院(下諏訪町)、諏訪湖畔病院(岡谷市)、諏訪赤十字病院(諏訪市)、諏訪中央病院(茅野市)、諏訪マタニティクリニック(下諏訪町)、長野県立阿南病院(阿南町)、富士見高原病院(諏訪郡富士見町)、北野病院(長野市)、篠ノ井総合病院(長野市)、長野病院(上田市)

病院業務にとっての医療事務の重要さを感じることができました。
小林 諒修さん 実習先諏訪中央病院(茅野市)

 総合病院の請求業務を担う医事課を中心にした実習です。総合外来窓口、会計、カルテ管理、各病棟の事務や医療クラーク業務などを見せていただくなかで、受付から請求事務までの一連の流れとそれにともなう書類の使用目的が見えてきました。また、併設の介護福祉施設との連携業務や病院の施設係など病院業務全般にも触れることができ、医事課の役割への理解が深まりました。
 指導担当の方にいただいた「事務職にとって大切なことは丁寧な挨拶待遇と物事を俯瞰で見ること。現場のスタッフが気づけないことも事務職の目線で気づくことがある」という言葉がとても印象に残りました。現場でしか学べない患者さんに寄り添う対応の重要さも実感できた1週間です。

保育施設実習

医療現場で患者様とのコミュニケーションの重要な部分を担う医療秘書にとって、小さな子どもたちと
の関わりはとても大切になります。小さな子どもたちの特徴と関わり方を保育施設で体験学習します。

楽しい実習のおかげで子どもが大好きになりました。
長﨑 光歩さん 実習先みずべ保育園(下諏訪町)

 5日間の実習で、5歳~1歳のクラスを日替わり体験。私は末っ子で小さい子どもと関わったことがあまりなく、すこし不安でしたが、子どもたちの方から寄ってきてくれて、すぐに仲良くなれました。未満児の子どもたちは最初警戒気味でしたが、慣れてくるにつれて私にくっついて来てくれました。
年長クラスではごっこ遊びの「お姉ちゃん役」をやらせてもらいましたが、大人みたいな言葉遣いなのにびっくりでした。
 最初は恥ずかしさがありましたが、笑顔全開で積極的に元気に接することでより打ち解けることができ、たくさんの園児たちと遊ぶことができました。子どもが大好きになった楽しい5日間でした。


高齢者施設実習

超高齢化社会を迎える将来、医療秘書にとって医療機関を訪れる高齢者の方とのコミュニケーション力も必須能力のひとつです。高齢者の方々と福祉施設でいっしょに過ごすことで関わり方を学びます。

積極的な話しかけから楽しい会話が始まりました。。
宮坂 苑花さん 実習先デイサービスセンター しゃらの木(塩尻市)

 デイサービス施設に5日間通わせていただきました。簡単な体操やレクリエーションを一緒に体験したり、食事の見守りをしたり、ホールでおしゃべりしたり、高齢者の方とのコミュニケーションを体感することができた実習でした。「新聞で面白い記事ありましたか」など、ちょうど開催中だった
冬季オリンピックの話題などで積極的に話しかけてみましたし、仲良くなれた利用者さんからは、昔の地域の話もたくさんお聞きできました。
 認知症の方との関わりでは、もの忘れ等の症状に戸惑うこともありましたが、職員さんの状況を考えた声かけなど、適切な対応を見ることで学べたことも多かったと思います。

実践・演習重視

 医療機関実習を充実した2週間にするために、事前の演習をじっくり行います。演習では医療機関実習で必要な基礎知識、患者応対の方法をロールプレイ(役割演技)形式を用いて身につけます。
 また、高齢者施設演習の授業で、車椅子・介護ベッドの操作方法や利用される方への配慮についても学びます。救急法の習得も重視し、全員が上級救命講習を受講し、心肺蘇生、応急手当、異物除去、搬送法について学びます。

PAGE TOP