松本医療福祉専門学校

HOME > 介護福祉学科 > 卒業生からのメッセージ
OB & OG

卒業生からのメッセージ

なぜ 介護福祉士に?

小さい頃から怪我や病気が多く、月に1度、病院に通う時期もありました。だから自然と医療現場で働くことへの憧れが大きくなりました。私の中では、介護福祉士は医療現場で働くための資格選択でした。

現在の職場・仕事について教えてください

病院内の介護福祉士です。退院後の生活の質を向上させるために、看護師やリハビリスタッフと協働し、介護福祉士の立場から生活支援をおこなっています。

仕事の「やりがい」「心がけていること」は何ですか?

看護師やリハビリスタッフとのチーム医療によって、患者さんが望む「住み慣れた生活空間」へ退院されたときに、チームの一員として活躍できたと実感します。

将来の目標は何ですか?

医療現場の中にいる介護福祉士の強みを活かして、患者さんや家族の心の支えになりたいと思います。まずは、患者さんや家族が気楽に話しかけられる存在になることからです。

なぜ 介護福祉士に?

高校2年生のとき、急病で倒れ亡くなってしまった母の病床で交わした「将来は介護福祉士がいいかな」という些細な会話が大きなきっかけとなって、介護の仕事を真剣に考えるようにまりました。

現在の職場・仕事について教えてください

決まった業務表がなく、利用者さんが望む生活に寄り添うユニットケアを実践しています。入浴も含めいろいろな移乗にリフトを使う試みをするなど、ユニットケアの将来を考えた介護サービスを日々模索しています。

仕事の「やりがい」「心がけていること」は何ですか?

利用者さんの一言一言の大切さを感じています。些細な言葉からニーズをくみ取り、支援させていただくことが大事です。一生懸命利用者さんと関わることで気づける心の声に向かい合っていこうと思います。

将来の目標は何ですか?

利用者さんの望みを見抜ける力をさらに磨き、リーダーとしてまとめる力も身につけ、今後は充実したチーム介護を目指したいです。趣味のサッカーもスタッフの協力をいただきながら続けていきたいです。

なぜ 介護福祉士に?

高校時代は、野球に没頭。だから部活引退後にやっと将来考えるように。そんなとき、福祉の仕事の存在を知り、「そういえば、おばあちゃん子だった」という自分に気づき、介護の仕事にチャレンジしようと決意しました。

現在の職場・仕事について教えてください

卒業後、特別養護老人ホームやデイサービス事業所の仕事を経て現職場に。昨年から管理者として、職員の管理や日々の相談、採用業務、利用者様やご家族からの生活相談など、施設の運営・経営のマネジメントをしています。

仕事の「やりがい」「心がけていること」は何ですか?

管理者として、利用者さんはもちろん、ご家族や施設の職員、主治医など多方面の考えをもとに業務にあたっています。まだまだ勉強中ですが充実しています。もちろん、利用者さんからの感謝は一番のやりがいです。

将来の目標は何ですか?

社会に貢献することが当法人の目標です。今はまだ不十分ですが、地元の行政や総合病院と連携して、地域社会へ目を向けた福祉活動に積極的に取り組んでいきたいと考えています。

なぜ 介護福祉士に?

中学時代の職場体験がきっかけでした。初めて訪問した デイサービス事業所で介護という仕事があることを知りました。 自分に向いている職業だなと興味を持ち、高校で進路を考える際には、迷わずこの道を選択しました。

現在の職場・仕事について教えてください

介護度が高い利用者さんも多く、日常の生活で困っていることなどをお手伝いすることが基本です。行事やレクリエーションの企画運営も大切な仕事。昨年は行事委員会のメンバーとして納涼祭の司会も任せてもらいました。

仕事の「やりがい」「心がけていること」は何ですか?

仕事はハードな面もありますが、少しでも力になることができて、ありがとうの言葉をいただいたときが最高の喜びです。利用者さんに名前を覚えてもらい、「服部さん」と頼りにしていただけるのがうれしいです。

将来の目標は何ですか?

キャリアアップのため、ケアマネジャー資格取得のための勉強を始めるつもりですし、高校時代から考えていた、社会福祉士へのチャレンジも機会があればしたいです。今後も福祉の仕事を続けて行くつもりです。

PAGE TOP